top of page

採用サイト

EFAラボラトリーズは、ベストプラクティスの普及を通じて、アスベストを主軸とした高精度・ハイスピードの分析、調査、アスベスト建材維持管理とマネジメントのコンサルティング、工事監視等のエンジニアリングサービスを提供していきます。

その仕事の目的は、お客様の事業リスクを低減し、お客様の評判を守り、お客様、従業員、テナント様、工事関係者、周辺住民の人々にとって本当に安全な環境づくりです。一つ一つのサービスを届ける先が拡がっていくことにより、アスベストに曝露する人が減り、日本全体のアスベストリスクが低減して行くことを願っています。

法律や条例といった形のあるものだけではなくて、人間の慣習や、しきたり、欲望などが強く影響しているようなものについても、変化を起こせるように努力したいと思っています。早く行きたければ、ひとりで行け。遠くまで行きたければ、みんなで行け。ということわざにあるように、学会や業界団体を通じて、難しい社会構造問題を解決する仲間を増やしながらやっていきたいと思います。

EFAラボラトリーズは、アスベストに悩みを持つ全ての方に対して真摯に、問題解決を支援し、この問題から次世代の子どもたちを守るために努力を続けていきます。

EFAを知る

ビジョンとミッション

vision

エキスパートのグローバルネットワークをバックボーンとして、地球環境の課題解決に取り組むグローバル企業から頼りにされるアジアのリーディングカンパニーになる。

mission

次世代のこどもたちを環境問題から守るために、ひとりでも多くの人に正しいサービスを届ける。

7つのバリュー

values

相手をリスペクトしオープンに議論をする。

相手の考えを理解しようと耳を傾け、自分の意見を遠慮せずに率直に伝える。誰が言ったかではなく、論点にフォーカスしたオープンな議論をおこなう。ミッションや目的を達成するにはどうすればいいか、を判断軸にモノゴトを決定する。チームは、率直な議論ができるような、場と雰囲気をつくる。

見通しを立てて「事前」に行動を起こす。

相手が何に困りそうか、自分がどこでつまづきそうか、を考えて事前に行動をおこし、準備をする。一緒に仕事をする人にも事前の働きかけを行い準備をしてもらう。ビックリさせない。自分から緊急の状況をつくらない。

上手くいったことも、つまずいたことも、経験したこと全てから学習し次の行動に活かす。

挑戦している時はできるだけ見通しを立てても失敗はつきもの。失敗したことを振り返って工夫し、次には成功させる。上手くいった経験も振り返って、再現できるようにし、経験を資産に変える。

エキスパートとしての自覚を持ち行動する。

自ら学び続け、前例がないことにも立ち向かい、お客様の課題をエキスパートとしてくみ取る。そして、最善の方法で目の前の問題解決をする。

モノも情報も整理し、手入れし、そして活用する。

自分が使用する道具と情報を整理し、整った環境で仕事をする。モノと情報が整理されていないと、ムダ・モレが発生してしまう。チームメンバーや他社と協力して仕事をする場合には、整理されていないと仕事の大きなリスクになる。

チームに最大の成果がでるように行動にする。

チームのパフォーマンスが最大限になるように、自らの役割を認識し高いクオリティの仕事を時間内に実行する。また、チームは、メンバーがパフォーマンスをしっかりあげられると信じ、挑戦を支援し協力する。

自力で達成困難な課題を解決するために、人に働きかけ仲間をつくり行動する。

同僚・上司、社内他部門、協力会社、同業、異業種、国内、海外、学会、業界団体を問わず積極的に自ら働きかけ協力を仰ぎ、ミッション、OKRの達成、課題解決のために巻き込んでチームアップする。仲間と行動することで一人では達成できない成果をあげる。例えば、外部のエキスパートとしっかりプロジェクトリードして仕事をする。

会社概要 

EFAはアスベスト専門の分析調査会社です。外資金融機関の国内不動産取引に求められるスピードと確かな精度の要求に応えるアスベスト分析を日本で提供するために、米国フォレンジック・アナリティカル社の東京拠点として、2007年3月から事業をスタートしました。JIS規格化される前から偏光顕微鏡分析サービスを提供し、日本のグローバルスタンダード化をサポートしてきました。そして2015年から調査サービスを開始いたしました。

海外から日本に新しいアスベスト分析法を導入した会社として、業界ではパイオニア的存在として認知していただいており、不動産・建設業界をメインに上場企業や有名企業との取引も多くございます。

アスベストが社会問題として注目される中、精度の高いアスベスト調査が必要不可欠となっています。アスベストが多用されていた高度経済成長期以降の建物の解体・改修に伴い、アスベスト調査の必要性が拡大し、2020年から2040年にかけて需要がさらに高まると予想されています。国内だけでなく欧米にも太いネットワークがあり、最先端の知識・技術をもつアスベスト専業の分析機関として、今後もより多くのお客様に高品質のサービスを届けていきます。

商号

株式会社EFAラボラトリーズ

本社/神保町ラボ

〒101-0051 

東京都千代田区神田神保町2-2-31ヒューリック神保町ビル 3F

つくばラボ

〒305-0034 

茨城県つくば市小野崎142 大塚テナント2F

電話番号

03-3263-6055(代表)

役員

代表取締役:亀元 宏宣
取締役:デビッド・カハネ
取締役:グスタボ・デルガード

設立

2007年3月23日

資本金

1000万円

仕事とチーム

主なサービスの紹介

アスベスト分析

EFAラボラトリーズの分析の特徴は圧倒的なスピードと高い精度です。これを実現し続けるために、トレーニングプログラムを経て試験に合格したアナリストが分析をおこなっています。JIS A 1481-1のアスベスト建材分析では、ていねいに層ごとにプレパラートを作成し、層別の分析をおこないます。アスベストの有無だけではなく、アスベスト含有の層がわかる分析レポートを提供しています。

・アスベスト建材分析、アスベスト大気分析

アスベスト調査・環境コンサルティング

EFAラボラトリーズの解体前/改修前アスベスト調査は、細かい現地調査をトレーニングを積んだプロフェショナルがしっかりとおこないます。調査レポートには、標準仕様でアスベスト含有建材の使用範囲の図面と表が添付されます。どこに立入って、どの部分に何があって、それを同一と判断しているかを文章で明記し「アスベストはどこにあるの?」がわかるレポートになっています。


・工事前のアスベスト調査
・利用中の建物のアスベスト管理方針コンサルティング、アスベスト曝露リスク評価、海外仕様での調査、英語レポート作成、環境デューデリジェンス(環境全般)

製品販売

アスベスト分析に精通しているエキスパートがこだわりを持って作った浸液「DRIMMC浸液」や、世界基準で選ばれている信頼性のあるスモークマシン「ROCKET」の代理店をしています。また、アスベスト調査現場で分析用試料のサンプリングで使用する「クイックサンプラーPro」を販売しています。


・DRIMMC浸液、スモークマシン、クイックサンプラーPro

職種紹介

分析者 (ラボ部)

依頼された建材(サンプル)にアスベストが入っているかを主に実体顕微鏡・偏光顕微鏡を使用して分析します。

調査者(コンサルティング部)

建設・不動産業界のお客様向けに、建物に使用されていかどうかアスベスト調査をしたり、管理方法についてコンサルティングを行います。

外勤営業 (営業部)

技術営業として、建設・不動産業界のお客様向けに、お客様の課題に合った提案をします。また、現地でサンプリングを行うこともあります。インサイドセールスと協力してマーケティングやキャンペーンの企画を行いこともあります。

インサイドセールス(営業部)

内勤営業として、外勤営業と協力してお客様の課題に合った提案をします。また、分析サービスの受付窓口も重要な業務の一つです。マーケティングやキャンペーンの企画を行いこともあります。

人事労務(管理部)

社内の人事労務、採用に関する管理業務を行い、円滑に業務が進むように各部門をサポートします。また、総務業務も経理担当者と一緒に行います。近年はDX化を推進しています。

経理(管理部)

社内の経理・財務に関する管理業務を行い、円滑に業務が進むように各部門をサポートします。また、総務業務も人事担当者と一緒に行います。近年はDX化を推進しています。

ICT(管理部)

社内のネットワーク、インフラ、システム開発等、情報システムに関する管理業務を行い、円滑に業務が進むように各部門をサポートします。

社員インタビュー 

ここは実際にEFAラボラトリーズで働くメンバーのインタビュー記事です。EFAラボラトリーズで働くことを選んだ理由やEFAラボラトリーズのいいと思うところと良くないと思うところなど、いろいろ聞いていますので、興味のある職種の社員のインタビューをぜひご覧ください。

小沢さん

小沢さん

日本における偏光顕微鏡アスベスト分析の第一人者

分析部 マネージャー

宮本さん

宮本さん

「もっとアスベスト分析技術を高めたい」とEFAに入社

分析部 アナリスト

内山さん

内山さん

「正しいことをしたい」とEFAに入社

コンサルティング第2部
リーダー

福本さん

福本さん

「めずらしい仕事がしたい」とEFAに入社

コンサルティング第1部
コンサルタント

吉木さん

吉木さん

「人のためになる仕事がしたい」とEFAに入社

分析部アナリスト

大和久さん

大和久さん

「アスベスト調査部隊を強くしたい」とEFAに入社

コンサルティング第1部
マネージャー

森さん

森さん

「自由な環境で自分を成長させたい」とEFAに入社

営業部インサイドセールス

金子さん

金子さん

「もっと自分で出来ることを増やしたい」とEFAに入社

執行役員COO
営業部 管理部 マネージャー

イさん

イさん

「失敗してもいいから新しいことにチャレンジしたい」とEFAに入社

コンサルティング第2部

働く環境

EFAラボラトリーズでは社員がしあわせにはたらけるよう、様々な福利厚生や制度を設けており、毎年のように新しいプログラムが始まります。社員の声から実現した休暇やプログラムも!

福利厚生

 働きやすさを大切にする 

多種多様なライフステージにあわせて、フレキシブルに働くことができます。時差出勤や休暇取得にかしこまった承認は必要ありません。入社後の社員からは「思ったよりもずっと自由だった!」という声もあります。

▢時差出勤

出社時間を8:00〜10:00、退社時刻を17:00〜19:00としています。事前申請の必要はなく、家庭やプライベートの状況等に合わせて調整することが可能です。通勤ラッシュを避けて出社できるのも嬉しいです。

▢特別休暇

メディカルリーヴ (傷病休暇) :
有給休暇とは別に、通院や病気等に対して5日間の特別休暇を取得できます。

誕生日休暇:
誕生月に1日間の特別休暇を取得できます。

夏季休暇:
7月から9月の間に2日間の特別休暇として取得できます (お盆休みは定めていません)。

年末年始休暇:
12月28日から1月4日までを年末年始休暇としています。

 コミュニケーションを大切にする 

仕事を円滑に進めて行くうえで基盤となるコミュケーション。EFAラボラトリーズでは、所属部署の垣根をこえて共に時間を過ごすことで、人間関係を深めています。各イベントは強制ではないので、無理に参加する必要はありません。

▢ウィズランチ

月に1回のランチ補助制度です。声のかけやすい職場になるように他部門の社員を交えてのランチをとおして、コミュニケーションを促進しています。

▢イベント委員会

社内のイベントを企画・運営するチームがあります。イベント委員会で、花見やパーティー等を企画しています。

 学び、挑戦を大切にする 

EFAラボラトリーズでは、失敗を恐れず新しいことにチャレンジする人を応援しています。バックグラウンドの深さを重視しているので、業務に直接関連していない学びも支援の対象に。資格取得報奨プログラムには「世界遺産検定」が対象になっていたりします。

▢Udemy使い放題

オンラインの動画学習プラットフォームのUdemyを好きなタイミングで好きなものを受講できます。興味がある分野や強化したい知識を動画で学習することができます。

▢資格取得報奨プログラム

環境、教養、デスクワーク分野の特定の資格取得を推奨するための制度です。資格取得時に報奨一時金が支給されます。

月に1冊の書籍購入費用を補助する制度です。必ずしも仕事に関係がある必要はなく、小説などでもこの制度を利用できます。

▢HIT・A・BOOK

目標管理

EFAラボラトリーズでは会社、チーム、個人での目標を共有し、週次・月次で進捗報告・相談する機会を設けています。透明度と柔軟性を大切にし、他部署での動きも把握することで、組織として無駄なく目標に取り組むことができます。

 目標管理 

▢OKR

EFAラボラトリーズでは、目標管理にOKR (Objectives and Key Results) を採用しています。会社全体を通じた目的目標を共通認識としたうえで、社員がいま注力して変化を起こすべきと考えることを目標として設定し、それに取り組みます。ユニークな点としては、社員がかかげた目標にたいする結果は直接的に評価に結びつきません。

▢1on1ミーティング

EFAラボラトリーズでは、月に1回必ず上長と面談をおこないうまく行ったことや困ったことについて相談や議論を行います。また、OKRの進捗についても相談し、支援が必要なことについても相談を行うことができます。

月曜日と金曜日に週次のチームミーティングがあります。月曜日に実施するものをチェックインとよび、その週に進めるべきOKRのタスクについてチームに共有します。金曜日に実施するものをWinセッションとよび、その週にあげた成果についてチームに共有します。また、金曜日には翌週についての共有事項等やチームメンバーへの相談も一緒に行うことで、チームがお互いに情報を共有しあう仕組みを持っています。

▢チェックインとWinセッション

よくある質問

  • アスベスト業界の需要について
     アスベストが盛んに使用され建設された建物の解体工事は、これから増えていきます。2023年の法改正によって調査が厳格化されたことから、ピークが長く続くことが予想され、今後50年は需要がなくなることはありません。
  • 安全面について
     現地調査では業務用の防じんマスクを使用しております。また定期的に作業服や移動車をモニタリングし、アスベスト繊維の付着がないか確認しております。  検体の取り扱いは密閉されたジップロックを使用し、社内にはアスベスト繊維が浮遊しないよう排気設備を整えております。そして検体は必ずファンの回った排気設備内で取り扱うため健康上の不安はありません。  特殊健康診断も行っており、10年以上勤続している社員を含め、今まで健康に異常があった社員はおりません。  アスベストが危険であるということをしっかりと認識をして取り扱っていただければ、問題ございません。

募集中のポジション

いまは募集ポジションがありません。
募集を開始した際に連絡を希望される方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

採用についてのお問い合わせ

研修制度

 社内研修・トレーニング 

EFAラボラトリーズでは「ロジカルシンキングスキル」や「リーダーシップ」などを身に付けられるよう、業務時間内にさまざまな研修やトレーニングを実施し、社員の基礎的能力を高めています。

▢発表会

全社員を部門横断的に数名のチームに分け、テーマに沿った発表会を行っています。部署や年齢関係なくシャッフルされたチーム編成ですので、通常業務時には中々関わらないメンバーと交流し、一つの課題に向かって取り組んでいきます。発表会を通して、課題を特定、リサーチと事実確認、仮説と提案、資料作成のスキルを養います。

▢ロジカルシンキング全社研修

課題特定と提案力そして迅速な業務の基礎となるロジカルシンキングスキルを全社員が使えるようになるため、ワークショップ型全社研修をしています。

▢マネージャー研修

チームでリーダーシップを発揮するために、効果的な目標設定、業務管理、フィードバック、成果評価のマネージャー研修を実施しています。

bottom of page